かとうたえこ展 『絵物語と仲間たち』

2022年5月13日(金)〜5月22日(日) 12時〜19時      (最終日は18時まで)

***コロナ対策致します***

「DEEPDAN」狭いので心配…と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、マスク着用お願いします。消毒、換気もいたします。

 

今回DEEPDANで展示してくださる作家のかとうたえこさんは「おと絵がたり」という活動をしています。

http://www.cl.bb4u.ne.jp/~otoe-net/

そもそもこの展示は、2020年の3月に開催予定でした。

みなさんも覚えていらっしゃるように、2020年の春からコロナが広まりましたよね。そして展示は一度開催を中止にしたのです。

 

そしてコロナ禍が広がってから、たえこさんは、この活動をオンラインに移したといいます。オンラインは、「菌やウィルス」から守られて、安全にアートやイベントが楽しめる今ならではのツールです。

https://www.youtube.com/channel/UC2mS--ckV4sJdmAL43ZATuQ?view_as=subscriber

 

ただやはり、絵は生で見るのと、電子媒体を介して見るのと、ずいぶん違うんですね。

実物だと、絵の楽しげな息づかいやら、筆づかいなど、伝わるものが数倍増えます。

 

コロナ禍のあいだ、SNSでたえこさんの作品をたくさん拝見しました。

 

「生で見るとどんな風に違うかな〜」そんな思いを胸に、今回の展示はとても楽しみにしています。

 

ただこのあいだ、つい1ヶ月前のことですが、世界では思いもしなかった戦火が起こり、私は驚愕に煮湯を飲まされたような、なんとも言えない言葉にできない気持ちをずっと抱えています。

 

情報に躍らされるのも、なにかに巻き込まれて自らを失うのも全く意図しないことですが、今回の展示の絵の売り上げは、支援団体を吟味し、寄付の使い道を確認したうえで、ウクライナから避難されている方々のために、寄付しようとたえこさんと話しました。

 

どうぞみなさん、足をお運びください。

お待ちしております。

 

                                   2022年3月24日 DEEPDAN  阿部櫻子

本田あまね展 「インド再光」

2022年5月26日(木)〜29日(日)+6月2日(木)〜5日(日)

5月30日(月)〜6月1日(水)休廊

12:00〜19:00(最終日は18時まで) 作家在廊日;土日

2019年の「インド再沈」以来、2度目の個展になります。

あの年はインドからパルバティ・バウルが来日した後の展示でした。

今年2022年といえば…

1月22日に集英社文庫より、

『9つの人生〜現代インドの聖なるものを求めて』

ウィリアム・ダルリンプル著パロミタ友美訳

が出版されまして、その装画に本田あまねさんのインドの女神『バガワティ』が使われています。

そして今回のはがきの作品もテイヤムの「バガワティ」女神です。バガワティ女神は、南インドの原始的な女神で、いわゆる「インド神話」の女神より、ずっと起源が古いと言われています。

今回もインドの多層的な表情をあまねワールドで描いてくれることでしょう。楽しみにしています。

 

さて、今回の個展の始まる5月26日は、

上記の「9つの人生」出版記念として、

翻訳者のパロミタ友美さん×DEEPDANのオーナー阿部櫻子

の対談が行われる予定です。

ディープダンでの定員は15名。

オンラインでも配信されます。いらっしゃる方は、メールにて予約の連絡をお願いします。

agar34@deepdan.com

 

作家は、毎週末に在廊しています。

皆さんのお越しをお待ちしています!!

 

      2022年4月20日   DEEPDAN  阿部櫻子